陥入爪 治療

安心で誰でもすぐに利用出来る簡単設計も魅力です。

巻き爪は、爪の横の端が内側に巻き込まれた状態の爪のことで、足の親指に起こることの多い症状です。

 

 

正常な状態の爪は、指先の方向から見たときに、直線に近いゆるいカーブを描いた状態ですが、良くない爪の切り方をしたり、足への負担や運動不足などが原因で巻き爪の症状が現れると、爪の両端が真下に向かい、皮膚に深く食い込んでしまう「陥入爪(かんにゅうそう)」という状態になります。

 

 

爪が皮膚に刺さったような状態になるため、痛みを伴い、腫れたり、時には化膿することもあります。

 

 

陥入爪がもっと進行すると「弯曲爪(わんきょくそう)」という状態になり、爪の断面を見た時に、C字型や、のの字型にまで変形が進みます。

 

 

このような巻き爪の症状に悩む人は、日本人の10人に1人ほどといると言われており、誰にでも起こりうる症状だとも言えます。

 

 

巻き爪の症状がある場合には進行しないうちに、早めに爪を矯正するのが良いでしょう。

 

 

自宅で簡単に巻き爪の矯正ができる器具『巻き爪ロボ』なら、一度購入してしまえば、何度でも使うことができるのでおすすめです。

 

>>巻き爪ロボ【最安値】公式サイトはコチラから<<